プログラミング学習サイト

プログラミングの学習を開始される方を対象としたプログラミング入門サイトです。

kubernetesのリソースマニフェストは自動生成できる

kubernetesのリソースマニフェストは自動生成できる

kubectlを使用してYAMLマニュフェストを生成することで、リソースマニュフェストを0から書く心配はなくなります。

コマンドは--dry-runオプションと-o yamlオプションをkubectl createコマンドにつけるだけです。

kubectl create deployment demo --image=nginx:latest --dry-run -o yaml

このコマンドを実行すると、実際にリソースは作成されず、リソースを作成するために必要になるであろうマニフェストが自動生成されます。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  creationTimestamp: null
  labels:
    app: demo
  name: demo
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: demo
  strategy: {}
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        app: demo
    spec:
      containers:
      - image: nginx:latest
        name: nginx
        resources: {}
status: {}

上記の結果を見て、コマンドで修正したい点があればコマンドを直しましょう。

あとは上記のコマンドをパイプを使うだけでyamlファイルに書き込みが可能です。

kubectl create deployment demo --image=nginx:latest --dry-run -o yaml > nginx.deployment.yaml

既存のリソースからマニフェストを作成する

kubectl get