cronコマンドの使い方【linux コマンド解説】

参考 : https://ss64.com/bash/cron.html

スケジュールされたコマンドを実行するためのコマンドです。

構文

      cron [-n |-p |-s |-M <MailCommand>]



      cron -x [ext、sch、proc、pars、load、misc、test、bit]



鍵

   -sこのオプションは、CronにSyslog(3)を使用してシステムログにジョブ出力を送信するように指示します。

       これは、システムにsendmail(8)がない場合、または-m offを使用してメールが無効になっている場合に役立ちます。



   -mこのオプションを使用すると、Cronの送信に使用するシェルコマンド文字列を指定できます

       sendmail(8)の代わりにメール出力をメールで送信します。このコマンドは、完全にフォーマットされたメールを受け入れる必要があります

       stdinでメッセージ(ヘッダー付き)を送信し、受信者にメールメッセージとして送信します

       メールヘッダーで指定されています。



   -nこのオプションは、デフォルトの動作を変更して、前景でcrondを実行します。

       これは、initを開始するときに役立ちます。



   -pユーザーが設定したCrontabを許可します。



   -xこのオプションはデバッグフラグを設定します。



   特別なケースとして、文字列はメールの送信を無効にします。

Cron Daemonの実行方法:Cronは/etc/init.dまたは/etc/rc.d/init.dから開始する必要があります(古いシステムも/etc/rcを使用する場合があります

または/etc/rc.local)。すぐに戻るので、 '&'で開始する必要はありません。

クロンがすること


/etc/passwdのアカウントにちなんで命名されたクロンタブファイルのcron searches/var/spool/cron;見つかったクロンタブはメモリにロードされます。Cronは、/etc/crontabと/etc/cron.d/ディレクトリのファイルも検索します。これらは別の形式です。

その後、クロンは毎分目を覚まし、保存されたすべてのクロンタブを調べ、各コマンドをチェックして現在の分で実行する必要があるかどうかを確認します。

Cronは通常、タスクを無期限に実行することを許可します。呼び出しているプログラムのオプションを使用してタイムアウトを実装するか、タイムアウトコマンドラッパーを使用することを検討してください。

Cronジョブの変更


ユーザーCrontabエントリを編集するには、その特定のユーザーのシステムにログインし、Crontab -Eを入力します。

「crontab -e」コマンドのデフォルトエディターはviです。

実行してデフォルトエディターを変更します:export Visual = 'Editor'

Cronは毎分チェックして、Spool DirectoryのModtime(または /etc /CrontabのModtime)が変更されたかどうかを確認します。もしそれがあれば、CronはすべてのCrontabのModtimeを調べ、変更されたものをリロードします。したがって、cronはcrontabファイルがmodfiedになるたびに再起動する必要はありません。Crontabコマンドは、Crontabを変更するたびにスプールディレクトリのmodtimeを更新することに注意してください。

郵送出力


Cronは、これを黙らせるために、実行するコマンドのすべての出力をユーザーに電子メールで送信し、出力をログファイルまたは /dev /nullにリダイレクトします

また、CrontabのMailTo Environment変数に名前が付けられたユーザーに電子メールをリダイレクトすることもできます。

クロンは、ギリシャ語の言葉であるクロノスという言葉から来ています。

「仕事を愛していない場合は、それを変更してください。紙を押す代わりに、アイデアを押してください。座って、立ち上がって聞こえます。文句を言う代わりに、貢献してください。職務記述書にとどまらないでください」〜Microsoftの仕事広告

関連するLinuxコマンド

Anacron-定期的に走るコマンドは、マシンが継続的に実行されているとは想定していません。

で - 特定の時間に一度実行するコマンドをスケジュールします。

CRONTAB-後で実行するコマンドをスケジュールします。

Chroot-別のルートディレクトリを使用してコマンドを実行します。

exec-コマンドを実行します。

if -条件付きでコマンドを実行します。

nohup-ハングアップに免疫がないコマンドを実行します。

su-代替ユーザーとグループIDを使用してコマンドを実行します。

ウォッチ - 定期的にプログラムを実行/表示します。

.period -ファイルからコマンドを実行します。

同等のWindowsコマンド:

Schtasks-後で実行するコマンドをスケジュールします。


 

Copyright © 1999-2024 SS64.com[error]

Some rights reserved

https://ss64.com/bash/cron.html